意識が遠のく
【自律神経失調症の治し方】


あなたの「意識が遠のく
自律神経失調症が原因ではないですか?


自律神経失調症では、自律神経の乱れによって様々な症状が現れてきます。

特に自律神経の一番の役割は、循環器(心臓と血管)のコントロールによる血流の調整です。
したがって、自律神経失調症で最も出てきやすい症状は血流低下症状ということになります。

【 意識が遠のく 】という症状も血流低下症状であり、自律神経失調症で出てくる症状と言えます。



自律神経失調症での「意識が遠のく」

自律神経失調症とは血流の低下症状を主体とする疾患です。

したがって、自律神経失調症で現れてくる「意識が遠のく」という症状は、全てとは言いませんがほぼ血流の低下による症状と考えて良いでしょう。

この症状は自律神経失調症においては比較的出てきやすい症状と言えます。

この 「意識が遠のく」という症状は

脳での血流が低下すること

で出てくる症状です。

脳の血流が低下しているために「考えることが出来ない、意識がはっきりと保てない」状態であるとも言えるでしょう。

この症状は「血の気が引く、意識を失う」などの症状に派生することもあります。

稀に脳血流が低下すると「自分が自分ではないような感覚」もしくは「自分の身体が自分のものではないような感覚」「離人感」を感じられる方もいらっしゃるようです。


「意識が遠のく」に併発しやすい症状

脳の血流が低下している方は、次のような症状を併発することが多くなります。

  • ・頭痛
  • ・目が疲れる
  • ・目がしょぼつく
  • ・目が眩しい
  • ・頭が重い
  • ・頭がボーっとする
  • ・頭がふわふわする
  • ・思考力の低下
  • ・集中力の低下
  • ・記憶力の低下
  • ・判断力の低下

当店での治療経験上、自律神経失調症の方に現れる「意識が遠のく」という症状は、脳血流を改善してあげることで改善していくことがほとんどです。

自律神経失調症を専門として治療を行う当店としては、比較的治療しやすい症状と言えるでしょう。


自律神経失調症の判定

ここで気になってくるのは、ご自身が自律神経失調症であるかどうかでしょう。

まず自律神経失調症とは、西洋医学的に認められた正式な病名ではありません。

病院を受診されても、


・症状を訴えてはいるが、検査では何も異常が見つからない

・症状が長期にわたって慢性的に出てくる

という、何の病気か分からないという時に「自律神経失調症」と伝えられることが多いようです。

上記の2項目にプラスして、


・血流低下症状が多く見られる

当店はその方が自律神経失調症であるだろうと考えています。

自律神経失調症で良く出てくる症状については 症状の特徴 をご覧ください。
多くの症状が当てはまるとすれば、自律神経失調症である可能性は高いと考えています。

もちろん、ご相談いただければ

・自律神経失調症であるかどうか
・自律神経を乱している原因は何であるか
・その原因は漢方治療で改善可能なのか

などにお答えしていけます。

30数年以上にわたる治療経験上、自律神経を乱している原因さえ分かれば、治療は可能です。
当店はこの自律神経を乱している原因を見つけ出すことに特化した漢方薬局であると自負しています。

当店は専門店として、数多くの経験を持っております。
ぜひ一度、ご相談下さい。


ご相談は無料ですから、下記のページからご相談下さい。

漢方薬をご注文いただき、購入されるまでは料金はかかりません。
詳しくは↓をご覧下さい。


西洋医学では

西洋医学での意識が遠のくという症状は次のように考えられています。
※ もちろん他の原因がある可能性もありますので、これが全てであるという訳ではありません。

  • ・心臓疾患
  • 不整脈や心房細動もしくは心臓の器質的疾患などで脳への血流が低下し出てくることがあります。
    脈や心臓自体での不調を感じている場合には、必ず病院を受診しましょう。
    心臓に不調を感じていても、どこにも異常なしと診断されることも多いものです。
    自律神経の乱れからくる心臓の症状は、心臓自体に異常なしと診断されるのです。

  • ・ビタミン不足
  • 比較的、高齢の方ではビタミンB12不足で脳血流の低下が起こることがあるようです。
    もしビタミンB12不足が原因であれば、ビタミンB12を補給してあげるとすぐに改善します。

  • ・脱水
  • 脱水が起こると血液を含む体液が不足し、代謝活動が低下してしまいます。
    脳循環の不足に陥ることで意識が遠のく、失神してしまうこともあります。
    脱水が起こると、その前にたくさんの症状が引き起こされます。
    意識が遠のいてしまうほどの脱水はなかなか起こりにくいと思いますが、水分とミネラルの補給を行って様子をみてみましょう。

  • ・低血圧
  • 血圧が低ければ、頭部(脳)への血流も低下した状態になります。
    特に立ち上がった時の血圧が低い「起立性低血圧」で起こることが多いものです。
    血圧が異常に低いことが確認出来れば、昇圧作用のあるお薬で治療していくことになるでしょう。
    お薬で血圧を上げることは比較的容易です。すぐに改善していくでしょう。

    また、降圧薬の服用によって血圧が下がり過ぎている可能性もあります。
    降圧薬を服用されている方は医師に相談してみて下さい。

  • ・貧血
  • 貧血が起これば、脳での血流も低下していると考えられます。
    貧血の治療をしていきましょう。
    貧血と言えば「鉄分」と考える方も多いと思いますが、原因は様々です。
    自己判断でサプリメントなどを飲まずに、しっかりと血液検査を受けるようにしましょう。

  • ・てんかん発作
  • てんかんは脳の神経伝達に異常が起こる疾患です。
    体に痺れや痙攣などの発作が出るものは分かりやすいですし、突然意識を失ってしまうような強い発作が出るものもあります。
    その中でも欠神発作と呼ばれる発作は、突然動きが止まったり、頭がボーっとしたり、意識が遠のくなどの症状が出ますが、数秒~10秒程度で治まり、自分でも周囲の方も気付きにくいものです。
    主に小児期に発症するようですが、念のため心当たりがあるようであれば受診してみましょう。

  • ・その他
  • 脳自体の疾患では、認知症や多系統萎縮症などの疾患から出てくることもあるようです。
    副腎不全などの内分泌系の異常によるもの
    心因性であったり、呼吸(過換気症候群や睡眠時無呼吸症候群など)の可能性もあるようです。
    様々な原因が考えられる症状です。自己判断をする前に、しっかりと受診して検査を受けておきましょう。

これらの内、該当する病気や状態に適切な対応をしてみても効果が出てこないとすれば、自律神経失調症の可能性を疑ってみましょう。


当店の紹介

当店は自律神経失調症を専門的に扱う漢方薬局です。

30年以上、自律神経失調症への漢方治療を続けています。

漢方医学は統計による学問ですから、データ量、つまり治療経験数が多くなるほど治療の正確性が増していきます。
当店のように自律神経失調症に絞って治療を重ねていくと正確なデータが多く得られ、治療も進歩していきます。

自律神経を整えていく方法についても、他の漢方専門薬局様よりも広く深く知っていると考えています。